正しい薄毛改善方法とは!早めの対策でフサフサヘアが甦る!?

抜け毛は多くの方が抱える悩み

抜け毛は多くの方が抱える悩み

髪の悩みの代表として、抜け毛や薄毛があります。男性、もちろん女性にとっても非常に重要なパーツである「髪」。髪型やスタイリングによって見た目が変わるためすぐにその変化が分かりやすく、注目を浴びやすい部分です。いい方向に現れる事もあれば、逆に悪い方向に働いてしまうこともあります。

もしも抜け毛が気になり始めたら不安になりますよね?中高年であればある程度仕方が無いという諦めも生まれるかもしれませんが、若い方であればよりその不安は大きいでしょう。その事ばかり考えてしまい何も手につかなくなる、は言いすぎですが大きな悩みとなりストレスになることは間違いありません。

もし抜け毛が多くなったのなら必ずそうなってしまった原因はあります。その原因をいち早く取り除けられれば抜け毛を少なく済ませられるはず。いち早く手を打てば時間はかかりますがフサフサの髪に戻れます。そのための正しい対策方法・改善方法で悩みを解決させましょう。

正常な抜け毛の量とは

極端な話、髪も細胞です。そのため新陳代謝により古い細胞と新しい細胞は入れ替わるというように、毎日50~100本程度髪は抜けると言われています。ただその抜け毛がどのような状態かによって薄毛の兆候が出ているかどうかある程度判別出来るのです。

問題無いと判別される例は、長い髪が多ければ正常なヘアサイクル(髪の生え変わり周期)により抜けた髪なので安心しても大丈夫。薄毛になる可能性はほぼありません。恐らくこのパターンであれば薄げである心配はほぼ無いと言えそうです。

しかし細くて短い髪が多ければ薄毛の兆候が現れてきだしているかもしれません。見れば分かる通り、短い髪は成長しきっていないと思われる状態なので、このタイプの抜け毛が多ければなんらかの異常が現れているはず。

特に男性であればAGA(男性型脱毛症)を疑うべきです。その症状はヘアサイクルの成長期が極端に短くなってしまうので、髪の成長が止まって抜け落ちやすくなります。ブラッシングの際、シャンプーをした際、寝起きの際(枕元の抜け毛)に注意してみましょう。

抜け毛(薄毛)の原因

抜け毛が増えってしまったのであれば、どのような原因によって起きているのか?それを把握することがまずは必要です。特に男性で最も多い「AGA(男性型脱毛症)」はいずれの原因からも派生しやすく発症してしまう非常に厄介な脱毛症です。

しかもひとたび症状が起きてしまえば改善にはとても時間がかかるのでなるべく早く対策を立てましょう。改善するにはすぐに治療へ取り掛かることが重要です。これは男性女性共に言えることです。なかなか自身では判別しにくいので、疑いを持ったのであればまずは医療機関へ行くことをおすすめ致します。

AGA(男性型脱毛症)

 AGA(男性型脱毛症)

先程も説明しましたが男性に起きる脱毛症はほとんどがAGA(男性型脱毛症)といっても過言ではありません。とても強力な男性ホルモン(DHT:ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱す信号を出し、髪の成長期が短くなってしまうのです。

すると髪の成長が未熟となり、次の期間である退行期、休止期に移行して抜け毛として現れます。通常のヘアサイクルは約6年と言われていますが、AGAを発症してしまうとおよそ1年で髪が抜け落ちてしまうのです。そのため発毛が追いつかなくなり薄毛になってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによって発症するのですが、それに至るまでにはいくつかの要素があります。必ず抜け毛に繋がってしまう行動を自身が行っているはずなので、それに気を付け対策を立てれば劇的な改善として現れないにせよ、緩やかになっていくはず。

以下、様々な原因を挙げていきますがAGAの発症リスクが高まることはもちろん、他の脱毛症の原因にもなることがありますのでいずれも解決していかなければなりません。一度にやると大変なのでまずはひとつひとつ、この原因を解決していきましょう。

栄養不足

現代の食生活は高コレステロールのものを摂取する機会が多いです。血流が悪くなったり、髪にいい栄養分が摂取出来てないなど薄毛に至る原因がいくつも数えられます。食はお腹を満たすことはもちろんですが、その目的は体を構成するためにも必要です。新陳代謝をして新たな細胞を作り出すのです。もちろん髪にも同じことが言えます。

肉はタンパク質やアミノ酸を含むため、髪を作るためにとても重要な食品ですがそればかり食べていれば動物性脂肪のとりすぎで血流が悪くなり、脂肪もつきやすくなります。ビタミンやミネラルなども出来る限りとっていかなくてはなりません。ビタミンB6やビタミンC、亜鉛などが髪に良いとされる成分です。

ストレス

ストレスは様々な病気をもたらしますが、AGA(抜け毛や薄毛)の原因にもなります。ホルモンのバランスが悪くなるため、DHTが過剰に増えてしまい抜け毛へとつながっていきます。近年では多様になった仕事もそうですがSNSによりプライベートも気が抜けない方が多くなりました。直ぐに返事を返さなければならないというプレッシャーがストレスとなり、やがて抜け毛となって現れる、と言うようなことも考えられます。

生活習慣の乱れ

上記の食生活、ストレスに関連しますが生活習慣が乱れてしまうとホルモンバランスの乱れに繋がります。また髪を生成するために必要な血流が滞ってしまい、栄養素が頭皮に届きにくくなったり、偏った食生活によって髪を作るための栄養素が不足するなどといったことで抜け毛が増え、AGAとして表れてしまうのです。

また睡眠不足は髪の成長に必要不可欠です。成人になっても成長ホルモンは分泌されます。それが足りなければ髪の成長にも支障が出てしまうのでやはりストレスを軽減させ、眠りにつきやすくするような環境を整えるべきです。ストレスの解消には趣味を作って休日に没頭したり、知人と食事などをして発散していきましょう。

男性ホルモン

上記に挙げた要素は全て男性ホルモンの乱れについてです。これら男性ホルモンの乱れは、抜け毛を増やす原因に繋がり、男性の大きな悩みになってしまいます。テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素により、DHTに変換されるとヘアサイクルが通常より短くなるのです。髪の成長が不十分だと、細くコシのない髪になり、その部分の密度が薄くなるため、薄毛という認識として捉えられてしまいます。

そして休止期に入ると髪は全く生えてこなくなるのです。では、その休止期に入った毛根は全く発毛できなくなってしまうのかと言ったらそうではありません。5αリダクターゼの働きを阻害することにより、テストステロンからDHTに変換させることが出来なくなります。

通常のヘアサイクルに戻せるので休止期に入った毛根から発毛出来たり、コシのなかった髪の毛が成長してくれるということになります。現在ではとても効果の高い育毛剤もありますので、使用すればAGAの進行を止める事も可能となっています。多くの方が抜け毛対策として使っており、非常に有効な手段なのです。

抜け毛対策・薄毛の改善方法

自身で出来る抜け毛対策・薄毛改善はいくつもあります。育毛剤だけでなく、ちょっとしたことに気を付ければ簡単に抜け毛対策を行えるので意識して取り入れてみましょう。最初は確かに慣れていないためきつく感じるかもしれませんが、やがて習慣になるのでそれが当たり前の事になっていくので安心して下さい。いくつかの方法を簡単ではありますがご説明していきます。

生活習慣の改善

生活習慣の改善

原因についてでも記述をしましたが体を作るベースとなるものを整えなければ抜け毛は抑えられません。血流を活発にさせるために軽い運動をするでもいいですし、入浴をシャワーだけで済ませるのではなく、湯船に浸かる事で疲れを取ることも必要です。ストレスの解消にも繋がります。生活習慣を改善して抜け毛や薄毛の原因を減らしてあげることはとても重要です。

もちろん、先程も少し触れましたが睡眠不足も大敵です。薄毛だけではなく全ての病気に関わっている睡眠。髪にどのような効果があるのかというと成長ホルモンの分泌によって育毛・発毛が行われます。また、ただ長く寝ればいいだけではなくて「良い睡眠」を心がけなくてはなりません。

寝具が自身にとって適切であるか?睡眠の1時間前までにはスマートフォンやパソコンは見ない。またリラックスをするためにストレッチや頭皮マッサージを行うのも良いとされています。良い眠りはストレス解消にもなります。意識して睡眠も改善してみて下さい。

食生活を改善

体を作る上で必要な食事は、抜け毛予防、そして薄毛の改善にももちろん重要です。ただすぐに結果として現れる事がないのですが、諦めずに続けていきましょう。特に大豆製品は女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用をもたらすため、男性ホルモンが原因であるAGAにはとても有効です。女性に関してはイソフラボンの過剰摂取はあまり推奨されないようですが、男性にとってはそこまで危険ではありません。ただ一応注意はするべきでしょう。サプリメントで取る場合は手軽なためつい多めに飲んでしまうこともあるので注意して下さい。

ビタミンやミネラルもそうです。食品であればレバーや牡蠣、ウナギ、ブロッコリー、赤・黄ピーマンなどが髪に良いとされています。普段からバランス良く食べるのは難しいのでサプリメントで補うことも1つの方法なので実施してみましょう。もちろんこれらも過剰摂取は禁物。特に亜鉛は中毒症状を起こす可能性があるためどの成分も適量を毎日とるようにして下さい。なるべくならば食品からとる事が良いので、出来る限りはうまく取り入れてみて下さい。

効果的なシャンプーをする

効果的なシャンプーをする

シャンプーはほぼ毎日するため、これもまた抜け毛予防のためにはとても重要です。シャンプーの方法に問題がある場合は、効果的なシャンプーに改善をしてあげることで、抜け毛や薄毛の対策になります。まずは自身にあったものを使用するのが一番ですが、より頭皮に優しいシャンプーを選べばダメージが少なくすみ頭皮トラブルを防げます。アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーを選びましょう。

スカルプシャンプーを選ぶのもおすすめです。アミノ酸系である事が多く、頭皮に良い成分が多く刺激が少ないのが特徴です。育毛や発毛をより良く促進させる環境を整えてくれますので薄毛にお悩みであればぜひ手にとってみて下さい。より薄毛が進行しているのであれば薬用シャンプーを試してみるのもいいかもしれません。スカルプシャンプーよりも抜け毛予防効果が高いためです。ただ値段も比例して高くなる場合も多いため良く見て購入して下さい。

シャンプーの仕方にも気を付けなければなりません。まずは軽くブラッシングをして髪のほつれや汚れを落とします。続いて十分に髪を濡らします。これだけで大半の汚れは落ちるそうです。そしていざシャンプーを付けて洗うのですが、直に付けるのではなく手のひらで泡立ててから付けて下さい。刺激が弱まるためです。

そしてしっかりと指の腹でマッサージするように洗っていきます。そしてすすぎは十分に行いましょう。頭皮にシャンプーが残っていると炎症になってしまうため。朝にシャンプーをするのは良くないと言われますが、それは十分に洗い流さないためです。時間に追われるからですね。なので朝に行う場合は余裕を持って行いましょう。

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは地味に見えますが毎日続けることで血行が良くなり、髪の成長や発毛を促してくれる効果があります。これによって抜け毛や薄毛が改善することは大いに期待ができます。血行が悪い証拠として頭皮が固くありませんか?薄毛の方はそういう状態が多いといいます。マッサージを続けることで柔らかくなっていきます。すなわち血行が良くなってきている、という事です。

やり方は指の腹で行うこと。決して爪を立ててはいけません。傷をつけてしまうためです。AGAの場合はよりデリケートな状態になっているので特に注意をして下さい。頭皮の血行を良くするツボがいくつかありますのでそれを押していきましょう。「百会」や「風池」などが有名です。

百会は両耳からまっすぐ、そして眉間と交差する位置にあります。あくまでも気持ちいい強さで押して下さい。あまり痛いと辛いので。続いては風池です。結構難しい場所にあるのですが、側頭部の出っ張りのへこみ部分にあります。ここも適度な強さで押していきましょう。血行促進や頭痛の緩和に効果があると言われています。

またマッサージ店で頭皮マッサージをしてもらったり、ヘアサロンでヘッドスパをするのもかなり気持ちいいと思います。すぐに効果があるわけではありませんがストレス解消にもなるので、余裕があればぜひ実施してみましょう。

育毛剤で改善する

抜け毛対策として最も効果の高い方法といえばやはり育毛剤を使って改善する以外に無いでしょう。その中でも国に認められた薬があるので、なるべくこれらを使ってAGAの治療を、そして薄毛の改善を行って下さい。やはり市販の育毛剤とは違うとはっきり分かるはずです。市販の場合は相性の差が大きいので、はまれば効果が現れますがそれを見つけ出すにはいくつかの製品を買ってからというケースも多いため、多くの方にその効果が現れたものを使いましょう。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルは最も発毛・育毛効果の高い成分です。血管拡張作用により血流が良くなり、髪の成長に必要な栄養がより多く頭皮や毛根に届きやすくなります。それによって髪が生えやすくなり、今生えている髪の質も高くなるため抜け毛も少なくなるのです。

形状は塗るタイプ(ローションや泡状)飲むタイプ(タブレット)があり、どちらも有効ですが、より効果があるのは飲むタイプです。直接頭皮に浸透するためと言われています。直後にご紹介するプロペシアやザガーロと併用することでよりその効果が高まるので、薄毛対策としてはこれほど良い育毛剤はありません。海外医薬品の通販でも購入でき、その場合はとても安いので手に入れやすいと思います。

プロペシア

プロペシア

「飲む育毛剤」として話題になったプロペシアもまた、薄毛対策に有効な薬です。処方箋医薬品なので薬局では販売されていない点に注意して下さい。有効成分であるフィナステリドがAGAの原因になるDHTを生成するために必要な5αリダクターゼの働きを阻害する作用を持っています。

するとヘアサイクルの乱れが次第におさまって髪の成長が再び始まるようになります。また休止期になり生えてこなくなった髪も生えだすため薄毛状態も改善していくのです。即効性が無いためまずは半年間使用を続けなければなりません。1年、2年と続けていけば半数以上の方が結果に満足している薬です。

また先程ご説明したミノキシジルと合わせて使うとAGAの進行を止める・遅らせる効果と発毛・育毛促進効果がさらにアップします。実は医療機関だけではなく海外医薬品の通販でも購入出来るプロペシア。費用を抑える事が出来るのでおすすめです。ミノキシジル製品と一緒に購入し、薄毛を改善しましょう。

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロは2016年に発売された最新の育毛剤です。AGAによる薄毛の改善をする薬として、プロペシア以上の期待が持たれています。作用もほぼ同じように5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの生成を防ぎます。次第にヘアサイクルの乱れがおさまり、正常な髪の成長が再び始まるのです。

ザガーロの有効成分のデュタステリドは5αリダクターゼを抑えられる種類が多いため、プロペシアよりも発毛効果が高いと言われています。実は1型、2型と2つの種類があるのですが、プロペシアは2型のみしか働きを阻害出来ません。薄毛にしてしまう力が強いのは2型なのですが1型も関与する事もあり、その場合はプロペシアではなくザガーロでなければ改善出来ません。しっかりと状況を判断し、どの薬を使うかを判断しましょう。

ザガーロもミノキシジルと合わせて使う事で相乗効果が高まります。抜け毛を防ぐ効果と、発毛・育毛効果にそれぞれ長けているためです。抜け毛対策にはまず間違いなく効き目が現れるでしょう。ザガーロもまた処方箋医薬品です。そのため医療機関で処方される必要がありますが、海外医薬品の通販でも購入する事が出来るので、費用を抑えるならばぜひ通販を利用してみましょう。

スタイリングで薄毛改善

先にご紹介した育毛剤で薄毛の改善中の方。しばらく時間がかかるためその間は現状のままと言えます。今までの髪型はどうしていましたか?「自分は薄毛だから」という諦めであまり気を使われなかったのではないでしょうか?そこでスタイリングの仕方で薄毛をカバー出来る方法をいくつかご紹介致します。

髪型を保つのであればワックスやジェルなどで整えるのが常識ですが、薄毛の方は頭皮も弱っている状態です。付けるのであればごく少量でなるげく毛先に付けるようにしましょう。髪の根元に付くと毛穴が塞がれてしまい抜け毛に繋がるのだとか。また少しでもカバーしようと思い伸ばすのも逆効果!失礼な例えになりますが、まるで落ち武者のような出で立ちとなり非常に不潔です。しかもより薄毛の部分が目立ちます。

なので薄毛の方はなるべく短髪にして清潔感を演出しましょう。また薄毛も目立ちにくくなります。ワックスを付ける量もごく少量ですむので頭皮トラブルも起きにくくなるでしょう。いっそのこと坊主頭にするのも1つの手です。海外の俳優をイメージしてみればそこまで抵抗はありません。

まずはなによりも清潔感を意識し、美容室もメンズ専門店など普段慣れているような美容師がいる店に行くのもおすすめです。合う髪型を提案してくれるはずです。またしばらく坊主でいるならばバリカンを買えば散髪代がいらないため経済的。育毛剤の効果が出だしたらまた伸ばしていく、という事も出来るので悲観せずに行きましょう。

抜け毛対策はすぐにできる(まとめ)

ザガーロ

抜け毛が増えてしまうとどうしても消極的になってしまいがちです。しかし今では良い育毛剤があります。効果的にそれらの育毛剤を使用することで、改善し薄毛が気にならなくなることだってあるのです。

ただし育毛剤を使用するだけでは、原因を全て取り除いたわけではないので、同時に原因を改善する必要もあります。生活習慣の見直しもしていくことで薄毛は徐々に改善されていくはずです。一度にするのではなく少しずつ、悪いと思うところがあれば変えていきましょう。

抜け毛が少なくなれば気持ちもだんだん明るくなっていくはずです。生活習慣にも気を付けていれば体も軽やかになっているはず。今まで出来なかった髪型にもなれますし、良いことづくしです。しっかりと対策を立てれば薄毛は怖くありません。また意識をすればすぐに出来ます。今までやってこなかっただけです。これを機会にぜひ薄毛の改善をして、今までの自分から変わっていきましょう。