ミノキシジルタブレットは効果、副作用ともに高い育毛剤です。それぞれの作用を知る事で薄毛改善の心強い味方となるでしょう。

ミノキシジルタブレットで劇的な薄毛改善

ミノキシジルタブレットで劇的な薄毛改善

ミノキシジルタブレットは、その名称の通りミノキシジルを配合する錠剤です。育毛剤としてはロゲインのような外用薬をイメージされる方が多いと思いますが、本来の形状はこちらになります。ミノキシジルは元々、降圧剤として使われていたためです(現在は使われていません)。

ではミノキシジルタブレットは一体何に使うのか?その用途はずばり、AGAで起きてしまった薄毛を改善ために使います。外用薬とは違い体内から作用するので、非常に育毛・発毛効果が高いのです。使われたい場合は医療機関、または通販サイトで購入しましょう。特に通販だとかなり価格が安いため費用の節約に繋がります。

ただミノキシジルタブレットの問題点として、副作用が外用薬よりも現れやすいのが難点です。多毛症(髪以外の体毛が増える現象)・むくみ・疲労・動悸などが報告として良く上がっています。もしも使っていくうちに体の不調が強くなったのであれば、一旦使用をやめ医療機関へ行きましょう。

ですが副作用のリスクを減らす使い方もありますので、その方法もご一緒にご紹介して参ります。過信は禁物ですが、安心してミノキシジルタブレットは使えるのです!

ミノキシジルタブレットの副作用を十分理解しよう!

ミノキシジルタブレットの副作用

体の中からミノキシジルの作用が発揮されるので、外用薬よりも遥かにその恩恵を受ける事が出来るミノキシジルタブレットはより一層発毛を促す事が可能です。しかし最初は外用薬から始める事をおすすめします。その理由は効果も強いが副作用のリスクも高いためです。良く効く薬であれば避けて通れません。

その中で良く起きるもの、気を付けたいものについてそ説明を行います。ミノキシジルタブレットを使われるのであれば必ず知っておきましょう。

多毛症

多毛症はミノキシジルタブレットの副作用で最も多いです。どのような症状が起きるのかというと、全身の体毛が増えて濃くなります。外用薬とは違い、体内から全身にミノキシジルが行き渡るためといえるでしょう。髪はもちろん、髭や腕毛、脇毛、胸毛、すね毛などそれはあらゆるところに至ります。

ほぼ確実に起きる」と言われているので、ミノキシジルタブレットで薄毛改善をお考えであれば完全に割り切った方が良いかもしれません。多毛症が嫌であれば恐らくは外用薬を使われている方がほとんどでしょう。ちなみに使うのをやめれば直に体毛も少なくなっていくそうです。それに伴い抜け毛の量も元に戻るかもしれないので、その点は気を付けておいて下さい。

低血圧を招く

血圧が正常値より低めの方は、ミノキシジルタブレットの作用によって、低血圧を引き起こす可能性があります。ミノキシジルというのは血管の拡張作用を持っています。この作用により育毛・発毛を促すわけなのですが、血管が拡がることで圧力が弱まり、血圧を下げてしまう事もあるのです。

軽度な症状としてはめまい、たちくらみ、頭痛、体のだるさなどが起きる・感じるのであれば低血圧が起きていると思われます。改善が無ければ不整脈など循環器系にも影響が起きるので一度使用を中断し、医師の診断を受けた方が良いでしょう。

循環器への影響

ミノキシジルタブレットで最も気を付けたい副作用は循環器への影響でしょう。こちらもまた血管拡張作用により起きる副作用で、まずは動悸が起き息苦しさを感じてしまいます。これを放っておくと狭心症や心筋梗塞にも発展する可能性もありかなり危険です。

動悸はミノキシジルタブレットを使い始めたときにも起きると言われており、続けるうちに治まっていくと言われています。しかし続くようであれば一旦服用を止めて医師へ相談をするようにして下さい。リスクを下げるには服用回数と用量を守る事が重要です。

初期脱毛

初期脱毛は外用薬でも起きる副作用です。しかしこちらは良い方向に捉えるべきものですし、量が多かれ少なかれ必ずと言っていいほど起きます。その理由はAGAが起こすヘアサイクルの乱れによって休止期の髪が多くなるのが理由です。後は抜けるだけの状態で、いわば細胞の死んだ髪といえるでしょう。

ミノキシジルタブレットで発毛が促され、新しい髪が毛穴から出る時に休止期を迎えた髪を押し上げることで抜け毛として現れます。「育毛剤を使っているのに抜け毛が増えた!」という方は、休止期の髪が一度に抜けるためです。

それにより頭皮がより薄くなってしまうかもしれませんが、しばらくすると産毛が確認されることでしょう。ミノキシジルタブレットを使い続けることでいずれは太く抜けにくい髪へと成長していきますのでご安心下さい。ちなみに使い始めてから1~2ヶ月の間に起き、約2週間ほど続くようです。

その他の副作用

その他に起きる副作用はむくみ、吐き気やそれに伴う嘔吐、稀に性機能障害も起きます。むくみもまたミノキシジルタブレットの作用により起きやすい症状です。ひどいときには顔がパンパンに膨れる事もあるそうなので、おさまらない場合は使用を一時中断することでおさまります。有効な解消方法は利尿剤と一緒に使うことで発生をかなり抑えられるのでお困りであれば併用してみましょう。

性機能障害は勃起不全(ED)や性欲の低下などの事です。ミノキシジルタブレットと同じ育毛剤である、プロペシア、もしくはザガーロの副作用として知られています。AGAの主な原因であるDHT(男性ホルモンの一種)を抑えるために起きてしまうのです。しかしミノキシジルには抗アンドロゲン作用(男性ホルモンを抑える働き)はありません。なぜ性機能障害が起きるのかは不明のようです。

副作用のリスクを下げる方法

ミノキシジルタブレットは副作用のリスクが高いということをお伝えしました。しかしそのリスクは下げる事が出来ます。それによりむくみにくくなりますし、心臓への負担もかなり軽減出来るのです。ただ残念ながら最も高い確率で起きる多毛症は避けようがありませんのでご理解下さい。

では一体どのような方法を行えばミノキシジルタブレットを使い、起きてしまう副作用のリスクを減らす事が出来るのでしょうか?これを知っておけば懸念していた事も無くなるので安心して使えますよね。それでは早速参りましょう!

利尿剤でむくみを軽減

ミノキシジルタブレットは血管拡張作用を持ちます。それにより血液の濃度も低くなってしまうので、水分を血管から排出させて濃度を高く保とうとします。出された水分は細胞間に溜まってしまうので、これが「むくみ」となって現れてしまうのです。

その溜まった水分を排出させるには利尿剤を利用してみましょう。むくみやすい女性、あるいはお酒を飲んだ翌日にも使われる事があるのですが、ミノキシジルタブレットで起きてしまうむくみにも効果があるのです。

ただ利尿剤と併用する場合は、数時間の間非常に強烈な尿意が訪れますので使用タイミングには十分に気を付けて下さい。またカリウムも排出してしまうので、カリウムを多く含む食品やサプリメントで補給するのも忘れないようにしましょう(中にはカリウムを排出しにくい利尿剤もあります)。

交感神経β受容体遮断薬

ミノキシジルタブレットで最も心配するべき副作用としてはやはり心臓への負担が挙げられます。動悸・息切れならばまだ大丈夫ですが、狭心症や不整脈、もっと心肥大にまで発展する可能性もあるのです。ミノキシジルタブレットは高い血管拡張作用を持っているので、心臓に戻ってくる血流量が多くなるので負担がかかってしまうのです。

心臓の動きは交感神経のアドレナリン受容体のうちの1つ、β受容体が関与しており、興奮が高まることで動きが活発になってしまいます。血管の拡張は血圧の低下に繋がるので、それを元に戻そうと交感神経が働きだし心拍が増えていくのです。

その過度な働きを抑えるため、交感神経β受容体遮断薬(βブロッカーとも)を併用することで、心臓の負担を和らげる事が出来るのです。この薬を一緒に使う事でβ受容体の遮断が出来るようになり、心臓の働きが穏やかになるので心拍が安定していきます。

ミノキシジルタブレットを使いだしてどうも息切れがしやすくなってしまった、という方は要注意です。すでに副作用として現れていますので、交感神経β受容体遮断薬を使って下さい。心配であれば検査を受けてもいいですし、思い切って止めるのも1つの手です。外用薬へ切り替え薄毛改善を行って下さい。

うまく組み合わせてリスクを軽減

ミノキシジルタブレットにはある程度のリスクが付き物だと思って下さい。それが効果としても現れることを十分理解しましょう。ただ発生するリスクは下げることが出来ます。うまく利尿剤や交感神経β受容遮断薬などの併用は医師からも推奨されているのです。

ただそこまでして使うのは気が引ける、という方もいらっしゃるでしょう。そういった方々は効果はミノキシジルタブレットよりも低いですが、安全性の高い外用薬を使うことをおすすめ致します。こちらも毎日続けていけば薄毛改善が可能です。

少ない用量でリスクを下げる

違う薬を使い副作用のリスクを下げる方法にもデメリットはあります。それは併用する薬による副作用が起きてしまうこと。一方の薬とは相性が良いが、もう一方の薬との相性が悪かった、というパターンも十分にあり得ます。

併用する薬の副作用で知られてるものは、利尿剤であれば水分が極端に減ってしまうので乾燥に注意をしなければなりません。また食欲が落ちたり下痢を起こす可能性もあります。β受容体遮断薬はめまいや徐脈などです。特に徐脈には気を付ける必要があるでしょう。

そういった点で併用薬にもある程度のリスクはあるのです。そこでミノキシジルタブレット単体で副作用のリスクを下げる方法を実行してみましょう。それはとても簡単なのですぐに実行出来ます。用量を低くして使えば良いのです。販売されている中で一番少ない用量は2.5mg。

10mgでは分割するのがちょっと面倒ですが、5mgであれば半分にするだけ。これだけでも少しの差は出てくるはずです。そういったことを踏まえ、最初に使う時は少ない用量から始めたほうが良いと推奨しています。

育毛剤として承認されていない

ミノキシジルタブレットは日本を含めどの国でも育毛剤として承認されていません。これは他のページでも説明をしたかと思いますが、始めの用途としては高血圧の治療薬として使われていたためです(ただ現在ではその用途で使われていません)。

しかし高血圧の改善に使われていた患者から「髪が増えた」という報告が相次いだために育毛剤として認識されたのです。副作用を利用して別の用途に使う、というのは薬では珍しくありませんが、ミノキシジルタブレットもまさにこの流れにあてはまります。

しかしメインテーマにも挙げていますように、副作用の懸念もありました。そのため効果は下がるものの安全性が高くなった外用薬が開発され、今日に至ります。特に国内で唯一ミノキシジルを配合しているリアップx5プラスはその代表と言えるでしょう。その他には海外のみで発売されているのですが、ロゲインやツゲイン、カークランドやフォリックスなどが良く知られています。

後ほど詳しく説明を致しますが、基本的にミノキシジルタブレットを使われる場合、AGAの症状が進んだ方に向いていると言えるでしょう。

言い方は悪いですが、どなたから見ても薄毛である(もちろん自身も自覚している)方は、外用薬ではなくミノキシジルタブレットを使われた方がコスト面や時間で見ても選ぶ価値はあると思います。なぜなら外用薬はどうしても「頭皮」というバリアによって、ミノキシジルが浸透しにくいためです。

確かにリスクはあるのですが、多くの方がその効果により薄毛改善出来ているという事実があります。もちろん自身の体調を最優先に考え、特に問題が無ければ続けてみましょう。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットは副作用に気を付けなければならない育毛剤です。しかしそのデメリットを加味しても尋常ではない育毛・発毛作用を備えています。実はミノキシジルは吸収率がそれほど良くない成分です。そのため外用薬は吸収されやすいよう様々な工夫が凝らされています。

しかしミノキシジルタブレットに関して言えば体内から作用するので、ダイレクトに効き目が現れ、頭皮で吸収するよりも遥かに効率が良いのです。ただし即効性はありません。ミノキシジルタブレットの効果を実感するためには外用薬と同じく半年は使います。早い方であれば3~4ヶ月で見え始めるようです。

抜け毛を止める効果は無い

ミノキシジルタブレットは育毛と発毛促進に特化しています。AGAをしたことで、薄毛になってしまったのであれば、非常に利用価値があるでしょう。毛根が死んでいない限り髪を生やす事が出来るためです。しかしその薄毛になる過程、つまり「抜け毛予防」で言えばそこまで効果を発揮しません。

確かに髪が強くなり抜けにくくはなります。しかしAGAの原因であるホルモンを抑える作用がありません。ミノキシジルタブレットだけを使っていても髪の質は高まりますが、結局抜け毛が起きてしまうのです。それを防ぐにはAGA治療薬のプロペシアと一緒に使う事をおすすめ致します。

ホルモンを抑える作用を持ち、抜け毛を抑える効果を持っているためです。当然お互い強く作用し合い、副作用のリスクを高める事もありません。なるべく2つの育毛剤を組み合わせ、薄毛改善を行った方が成功率は高いのです。プロペシアと同じ作用を持つザガーロでも同じく薄毛改善の効果を高めれられますよ。

頭皮を清潔に保つ事も重要

ミノキシジルタブレットを使う、あるいは先述したプロペシアやザガーロなど男性ホルモンを抑える薬との併用で薄毛改善に取り組んでも「頭皮を清潔」にしていなければ意味がありません。AGAを発症されている方は非常に頭皮がデリケートな状態なのです。

特に皮脂のコントロールは大切で、ありすぎても無さ過ぎても頭皮トラブルを起こしてしまいます。適度に除去しなければなりません。そこで頭皮ケアシャンプーを使い優しく洗い上げる事が大切です。市販されているシャンプーは洗浄力が強く皮脂を余分に落としてしまうので、少し高めですがアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

ミノキシジルタブレットの使い方

ミノキシジルタブレットの使い方はとても簡単です。1日1回1錠飲めば良いだけなので全く苦に感じないでしょう。ただし用量は守らなければなりません。1日の上限としては40mgとして定められていますが、こちらは本来の使い方である降圧剤としての上限です。

薄毛改善でミノキシジルタブレットを使われる場合の上限は10mgまでなので気を付けて下さい。状態によりけりですが、2.5mg・5mg.10mgといった段階に分けて良いと思います。始めは体を慣らす意味合いとして2.5mgか5mgで始めてみましょう。これでも十分発毛効果に期待が持てるはずです。

1日の上限は守りましょう

ミノキシジルタブレットには1日の上限である10mg錠がありますので、こちらを購入された場合ピルカッターなど、錠剤をカット出来る器具を使ってみましょう。半分にすることで副作用のリスクを抑えられ、なおかつコストカットも可能になるためです。

副作用が起きやすい、といえど使い方を工夫すればリスクを下げる事が出来るのです。薬の形状にもよりますが、ミノキシジルタブレットは錠剤タイプなのでそれが可能になります。もちろん心配であれば本来推奨されている医療機関でいくつかのチェックを受けてから安心感が増すことでしょう。

体調の管理

先程にも触れたようにミノキシジルタブレットの副作用は、ある程度軽減出来ます。もちろん絶対に起きないようにする、ということは出来ないので過信は禁物ですし、併用する薬によって起きる副作用もありますので、十分に理解はしておきましょう。

ただし今現在大きな病気などをしていない、つまり健康状態が良好であれば、健康を害することはないので心配のし過ぎにもご注意下さい。むくみを防ぐためには利尿剤を使います。その際はかなりの尿意をもよおすので、なかなかトイレに行けない環境の方は気を付けましょう。

循環器系の副作用が心配、または起きてしまったのであれば交感神経β受容体遮断薬を一緒に使います。循環器系の副作用とは動悸や息切れをしやすくなった場合です。ただ先程も申したようにこういった兆候が起きていなければ、使わなくても問題はありません。

併用禁忌薬

ミノキシジルタブレットには併用禁忌薬があります。これはどの薬にも言えることなのですが、禁止されている薬の成分と組み合わせることで作用が強くなり、必要以上に効果と副作用が出てしまいます。効果もそうなのですが、副作用が強くなってしまうと非常に危険です。

ミノキシジルタブレットの併用禁忌薬に指定されているのは、鎮痛剤の成分であるイブプロフェン。頭痛薬にも良く配合されています。使われている方は気を付けて下さい。その他には降圧剤を使用されている方もミノキシジルタブレットと使うのは注意が必要です。

降圧剤、ミノキシジルタブレットともに、作用としては血管を拡張してしまうので、過度な血圧低下を招く恐れがあります。血圧が急激に低下すると、めまいやたちくらみなどを起こすのでとても危険です。その場で動くのも辛くなったりもするので、行動に制限が出てしまいます。気を付けましょう。

ミノキシジルタブレットに向いている人

ミノキシジルタブレットに向いている人は、ある程度AGAが進行している方が該当します。外用薬よりも効果が高いため、薄毛改善に期待が出来るはずです。ミノキシジルが体内で作用するので、外から取り込むよりも効率が良くなります。

そして手軽に使えるのもメリットです。外用薬は1日2回塗る必要があります。そのため面倒に思ってしまうのもまた事実。その点ミノキシジルタブレットは飲むだけで薄毛改善が可能ですから、めんどくさがり屋の方でも続けられやすくなるでしょう。

使い勝手や効果としてはロゲイン・リアップx5プラスなどの外用薬よりも上回っています。つまり抜け毛予防などではなく、確実に薄毛をどうにかしたいと思われる方にとってミノキシジルタブレットは大きな役に立つはずです。その際はしっかりと効果と副作用のバランスを見ておいて下さい。

ミノキシジルタブレットを控えた方が良い人

先程の項目とは反対で、ミノキシジルタブレットを控えた方がいい人についてご説明致します。まずは前述しているように低血圧の方。ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われていました。血管拡張作用を持っており、それに伴って血圧も低下していきます。

もしも低血圧の方が一層血圧を低くしてしまうのであれば、なんらかの症状が出てしまうのです。過度な血圧低下は危険を及ぼしてしまう可能性もありますのでなるべくならば控えておいたほうが良いと思います。外用薬も低血圧の方の使用には注意とあるのですが、使うのであればこちらを使ったほうが良いと思います。

心臓になんらかの疾患を持っている方もミノキシジルタブレットの使用は控えた方が良いかもしれません。ミノキシジルタブレットは狭心症や動悸が副作用として報告されておりますので、そのリスクを高めてしまいます。違う方法で薄毛改善を試して下さい。

通販で購入すればお得で便利!

通販で購入すればお得で便利!

ミノキシジルタブレットを使うためにはずばり、通販で個人輸入をするのが1番効率が良いと思います。初めて使われる場合には届くまでに時間が必要となりますが、あとは無くなりそうなタイミングを見計らって注文をすれば、まず切らすことが無いと思います。

ではなぜ通販で購入するほうが良いのか?確かにミノキシジルタブレットも医療機関で処方してもらうことが出来ます。しかし保険適用されないため、それぞれ価格が違います。ただしどの医療機関もそれなりの価格であり、続けられる場合相当な負担をしなければなりません。

しかし通販で販売されているミノキシジルタブレットは、海外から取り寄せるので現地の販売価格そのままで購入することが出来ます。また、通販で購入するのは価格面以外にもメリットがあります。注文はネットで自宅にいても行うことが出来ます。そのため医療機関へ行く時間、そして諸費用をカット出来るためです。

またこういった理由もあります。全部が全部というわけではありませんが、医療機関でもミノキシジルタブレットを個人輸入で手に入れ、患者に処方しているという話もあります。育毛剤として認可されていないため、国内にある製薬メーカーが製造していないため仕方ありません。

それを知らない方に高額で販売しているとなるとちょっと納得がいかない話です。ですからこのページで自身でも通販を利用することでリーズナブルな価格でミノキシジルタブレットを購入して使う事が出来るということをぜひ覚えましょう!

コストを低く抑えられます

ミノキシジルタブレットは長い期間続けて使う必要のある育毛剤です。そこで問題になるのはコスト。医療機関で処方される場合、1ヶ月分で8000円~と非常に高い価格になってしまいます。先程も申しましたが、国内でミノキシジルタブレットを製造している製薬メーカーはありません。医療機関も個人輸入を利用して処方していることが多いのです。

医療機関で処方してもらうのはデメリット?

「オリジナル処方のミノキシジルタブレット」と称するミノキシジルタブレットがあるようですが、もしそうであれば完全に違法です。薬を作るためにはその資格がいるようなので、もし本当であれば掲示してあるはず。そして、先述したようにミノキシジルタブレットを製造販売しているメーカーは日本にはありません。実は医療機関でオリジナルと称しているミノキシジルタブレットも個人輸入をしています。

こちらのブログにもあるようにかなりAGAクリニックに関して言えば、ひどい実情だと言えそうです。個人輸入したミノキシジルタブレットは、「オリジナル」であったり「当院独自」などが付けられただけで何倍もの価格で処方されています。

そうであれば、自身で通販を利用し購入された方が良いでしょう。ミノキシジルタブレットを購入されるのであれば、通販を選ぶのが正解です。海外では多くの製薬メーカーから販売されているので、用量や価格を見ながら自身の好みに合うものを選んでみて下さい。

通販で購入出来るミノキシジルタブレット

海外のメーカー各社が販売していることもあり、とても多くの商品が揃っています。特に世界中に多くのジェネリックを輸出するインドのメーカー製や、フィリピンやタイの製薬メーカーが展開しているのが目立つと思います。

また全てのミノキシジル製剤の元祖と言えるロニテンも購入出来る通販があります。しかし取扱いがとても少ない、そして非常に高額であることから、ジェネリックを利用した方が良いでしょう。

ノキシジル

ノキシジル

ミノキシジルタブレットのジェネリックで非常に有名な商品がこちらのノキシジルです。タイに本社を置くT.O. MED社が販売しています。このメーカーは東南アジアを中心に美容製品を販売しており、その品質にはとても定評があります。

ノキシジルは何よりもその価格が魅力です。5mgの場合、最安だと1錠あたり34円。10mgだと1錠あたり38円で使えるので、医療機関と比べてみるとかなりコストカットが出来ます。もちろん効果についても多くの方から評価されています。迷ったのであればノキシジルを使ってみましょう。

ミノクソール

ミノクソールはインドの製薬メーカーであるスマート社から発売されているミノキシジルタブレットです。スマート社はまだ新しい製薬メーカーですが、一部の間では非常に話題となっており、価格面も安価なことから人気が高まってきています。

スマート社の商品の特徴はパッケージなどが全て日本語表記であること。「現地日本人の監修」をかなりアピールしています。インドのジェネリック事情、そして日本語で日本人が分かりやすい商品であることが合わさって、他のインドの製薬メーカーとは一線を画しているのです。

このミノクソールは5mg錠しか展開されていません。ミノキシジルタブレットの1日の最大容量は10mgですが、日本人には5mgでも十分とされています。もしそれでも強いと感じられたのであればピルカッターで半分にカットすれば軽減できるでしょう。また、コストカットの面でも役立ちます。

ロニタブ

ロニタブはインドの大手製薬メーカーであるいん足すファーマから発売されているミノキシジルタブレットです。こちらも先程説明したミノクソールと同じく、5mg錠しか展開されていません。日本人にとってはとても使いやすいミノキシジルタブレットでしょう。

ただ他の商品と比べると価格が少し高めなのがネックです。ノキシジルやミノクソールの方が安く販売されていることが多いため、若干マイナーな感じが否めません。とはいいましても決して効果が無いということはなく、しっかりと育毛・発毛の促進に役立ちます。

まとめ

まとめ

ミノキシジルタブレットはメリット、デメリット双方あることをまずは理解して購入をする必要があります。副作用が出やすいこと、どんな症状が起きるかなどを把握しておいて下さい。ただそのリスクを下げる方法もあります。使い方もマスターするべき薬であると自覚をしておきましょう。

その反面、効果としては非常に高く大勢の方が薄毛改善に成功しています。外用薬とは違い、体内から作用するためミノキシジルの効果が発揮されやすいのです。オーバーな表現かもしれませんが、薄毛改善の切り札と言っても良いと思います。

そしてミノキシジルタブレットを購入されるのであれば通販を利用するのが一番お得です。日本のみならず、海外でも「育毛剤としては承認」されていません。しかし保険適用外として処方してもらうことは可能で、そうなると非常に高額な料金が必要となってしまいます。

しかし通販(個人輸入)をすれば、海外で販売されている価格のまま購入出来るので、医療機関の半額以下にコストを抑えることが出来るのです。しかも多くのメーカーが販売しており、お好みの商品もえらべます。様々なことに気を付け、ミノキシジルタブレットを有効に使っていきましょう!