AGAの原因、そして症状とは一体どのようなものなのでしょうか?そして有効な治療方法は?

男性を悩ませるAGA

男性を悩ませるAGA

最近メディアでも取り上げられる事が多くなったAGA。男性型脱毛症ともいい、男性のみにしか発現しない脱毛症です。原因は男性ホルモンが過剰に分泌されることでヘアサイクルが乱れてしまいます。そうなると髪の成長にも影響が出てしまい、約1年で抜け落ちてしまうのです。そんな髪が増えていけば発毛が追いつかなくなり、その発毛も次第に乏しくなってくるのです。

しかしAGAには有効な治療方法があります。育毛剤(AGA治療薬とも)のプロペシア、あるいはザガーロを使ってまずはヘアサイクルの乱れを止めましょう。AGAの原因になるホルモンを生成する5αリダクターゼという酵素の働きを抑え、抜け毛を徐々に少なくする事が出来ます。

合わせて発毛作用の高いミノキシジルも一緒に使えば、抜け毛を抑えつつで発毛が促進され、髪の量が増えていきますので、スカスカだった頭皮が半年後を目安にするとフサフサに変わっているでしょう。

治療は育毛剤以外でも行わうことが出来ます。自身の髪を頭皮に移植する植毛や様々な薬剤を頭皮に注入するハーグ療法などが知られています。しかし費用がとてつもなくかかるのが難点なのでまずは育毛剤を使い治療を行いましょう。もちろん薬だけではなく、根本的な原因でもある生活習慣を見直すこともかなり重要です。

AGAの原因を知る

AGAは進行性の脱毛症です。発症はいつの間にか始まるので気付きにくく、はっきり「薄い」と自覚出来るような状態に至ってしまったのであれば相当進行しているといえるでしょう。その時のショックは計り知れないものです。

すぐに薄毛改善を行うか?それともそのショックをしばらく引きずってしまうのか?いずれにしろ精神的なダメージを及ぼしてしまいます。絶対にAGAにはなりたくありませんが、男性であればそのリスクは避けられようにありません。

しかし遺伝、体質、生活環境などによってなりやすい方となりにくい方に分かれます。また年齢を重ねることによってもヘアサイクルは衰えてきますので、髪が抜けても発毛しないというケースも考えられるでしょう。そういうわけでまずはAGAの原因はどのようなものがあるのか?を見ていきたいと思います。

AGAのきっかけとなる原因

様々な要素からAGAの発症は考えられるのですが、その大元となる原因はずばり「男性ホルモン」です。そのため最初に男性ならば誰しも起こり得ると申しました。また、女性にも少量ながら男性ホルモンが存在しています。実は女性の薄毛も男性ホルモンの影響で起こるのです。

男性ホルモンはいくつかの種類があるのですが、ホルモンバランスが乱れ特定の男性ホルモンが過剰に増えてしまうことでAGAが発症してしまうのです。男性ホルモン全てが悪いというわけではありません。そのホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)といいます。

DHTは特に胎児の状態で多く分泌され男性らしい体つきや性器の発達の役に立つのですが、成人になってから過剰に分泌されてしまうと皮脂の過剰分泌が起きてしまいます。それを防ぐことがAGAの予防につながるのです。その発生は普段の生活習慣に気を付ければ大抵は防げるといいます。

DHTが多くなる理由

DHTの大元はテストステロンです。体内に存在する男性ホルモンの90%を占めるとも言われており、男性らしさを維持するためには必要不可欠とも言えます。このテストステロンには抜け毛を促す作用はありません。良く男性ホルモンが多いとハゲやすくなると言われていますよね?しかしこの噂は半分正解で半分外れと言えるでしょう。

それはともかくとして、ではテストステロンがどうやってDHTに変化をするのか?それは5αリダクターゼという酵素と結合することで変換(または代謝とも)されます。5αリダクターゼも本来はテストステロンの作用を補助するという役割があるようなので一概に悪者というわけではありません。

しかしこちらもそのバランスが問題です。実は薄毛になりやすい方は5αリダクターゼの分泌量が多い事が原因であるという研究も報告されています。それは遺伝により決まるそうです。「ハゲは遺伝する」という都市伝説じみた話がありますが、実はあながち間違ってもいないのです。

その遺伝も良く母方の祖父がハゲていると自身もハゲてしまう、という傾向も噂になっている内容ですがあまり関係ないようです。父親、母親、どちらかでも5αリダクターゼの分泌量が多ければ遺伝する可能性はあります。

ヘアサイクルの乱れ

5αリダクターゼによりテストステロンが変換される事でDHTが生成されるわけですが、AGAの発症はさらに毛乳頭細胞(発毛を促す細胞)にある男性ホルモン受容体と結合して起こります。すると冒頭でも少し触れましたが、髪の成長と抜け落ちる期間であるヘアサイクルが乱されてしまうのです。

ヘアサイクルは三段階に分かれ、髪が伸びていく期間の「成長期」から始まります。9割程度を占める一番長い期間です。続いては「退行期」。この期間になると髪の成長が止まり、2~3週間程度で終わります。最後は「休止期」で抜け落ちるのを待つ期間です。その間には新たな髪が作られており(発毛)、いざ毛穴から頭皮に現れることで、元の古い髪は押し出されて抜け毛となって落ちていきます。

ヘアサイクルは髪ごとに違います。抜け毛が一度に起きないのはそのためです。ヘアサイクルがある程度同じであればその量はすごいことになりますからね。しかしAGAになってしまうと退行期と休止期はほとんど変わることはありませんが、成長期は極端に短くなってしまいます。

最長で6年程度は続くと言われるヘアサイクル。それがAGAを発症する事により1年程度で終わってしまうのです。先程ご説明したようにそのほとんどは成長期なのですが、長い時間をかけ太く長くなる髪の成長がかなり未熟となってしまいます。AGAの特徴である細くて短い髪が多くなってしまうのはヘアサイクルが関係していたのです。

これにより頭皮の密度が少なくなり、さらにはヘアサイクルの乱れによって抜け毛が多くなってしまうのです。発毛が追いつかなくなることで薄毛として認識をされてしまいます。いきなり現れることはなく、ゆっくりと時間をかけ症状が進行していくのですぐには気付きにくいのです。

ヘアサイクルの乱れは薬で止める

ヘアサイクルの乱れを止めるにはプロペシア、またはザガーロを使わなければ簡単には出来ません。DHTの生成に関わる5αリダクターゼの働きを止める事が出来るためです。この作用は厚生労働省に認められていますし、数多くのデータでも実証されています。

医薬品なので、他の育毛剤やサプリメントよりも遥かに満足出来る結果が得られることでしょう。それぞれの作用については後程簡単に説明を致しますが、AGAを本気で治すのであれば医薬品であるプロペシアかザガーロを使って下さい。

AGAの症状について

AGAの症状とは簡単に言うと「抜け毛が増えて薄毛になる」ことです。しかしただ頭皮が薄くなるだけではなく、その箇所が違ったりもするので、いくつかのタイプに分けることが出来ます。AGAはゆっくりと進行するので非常に気付きにくく、いつの間にか頭皮が薄くなり精神的なダメージを受けやすい症状です。

しかし症状の初期段階を見極めてすぐに薄毛改善に取りかかれば、ダメージは最小限で済みますしフサフサの髪が戻る可能性はとても高いので、何がAGAが発症したサインなのか?もぜひ知っておいて下さい。諦めなければ症状は改善に向かうのです。

AGAの発症はとても気付きにくい

AGAが発症してもすぐには分かりません。先述したヘアサイクルの乱れが徐々に広がり、成長期が短くなった髪が多くなることで抜け毛の量が増えてしまいます。そこで初めてAGAを発症したと自覚出来るのではないでしょうか?

また髪質の変化もそのサインです。髪にコシが感じられない・細くなってきた・全然伸びない、という状態であればAGAを発症している確率が高いと思われます。進行はかなりゆっくりなのでなかなか気付かないレベルです。放置していることになりますから徐々に進行していき、段々抜け毛の量も増え、いつのまにか頭皮が薄くなってしまいます。

そしてAGAは薄くなる場所が様々です。前頭部(いわゆる生え際)や頭頂部がハゲになりやすく、この部分が薄ければほぼ間違いなくAGAであるといえます。反対に側頭部と後頭部は薄くなりにくいのですが、決して髪が抜けないというわけではありません。

AGAの症状は抜け毛の部位により分ける事が出来ます

AGAの症状は抜け毛の部位により分ける事が出来ます

先程も申したようにAGAによって薄くなる場所は個々によって違う場合があります。何種類かのパターンに分ける事が出来るのです。抜け毛が増えやすい箇所は前頭部(生え際)と頭頂部(つむじ)で、この部分が薄い方はAGAを発症している方が多いでしょう。

どちらかが薄くなるか、あるいはどちらも複合して発症し、頭皮の半分以上がハゲてしまう事もあるのです。これはかなり症状としては進行しているといえるでしょう。逆に抜け毛が現れにくいのが側頭部と後頭部。なぜこの箇所は抜け毛が少ないのか?実は理由があります。それは後程ご説明しましょう。

それでは早速ですがAGAの症状はどのようなタイプに分けられるのか?少しずつですが説明をしていきましょう。

前頭部(生え際)が薄くなるタイプ(M字型ハゲ)

前頭部(生え際)が後退していくタイプで、M字型とも呼ばれます。俗に言うM字ハゲですね。徐々に前頭部が後退していくので比較的分かりやすいタイプだと思います。実は前頭部は5αリダクターゼが多い部分なので抜け毛が多くなってしまうのです。

まだそこまで進行していなければある程度カバーでき、ここで育毛剤を使い改善に向かっていればすぐにとは言えませんが十分回復することは可能です。しかし症状が進行してしまうと成長期の短い髪が増えてしまうので、一気に抜け毛が出てしまい急激に薄くなったと感じてしまうでしょう。前髪が細すぎる、あるいは全然伸びないため髪型でカバーすることは非常に難しいです。

ここでようやく薄毛改善に取り掛かっても、機能していない毛根も増えているので発毛しない可能性も考えられます。ある程度の発毛は出来るかもしれませんが、フサフサに戻る事は無いと考えて下さい。

頭頂部が薄くなるタイプ(O字型ハゲ)

AGAにより薄毛になりやすい箇所は頭頂部も挙げられます。実は前頭部よりも抜け毛が出やすく、日本人はこのタイプが非常に多いそうです。O字型タイプと言われています(俗に言うつむじハゲ)。場所が場所なので自分ではとても見づらく、症状が現れても気付きにくいでしょう。

そのため人から言われて初めて気付く事が多く、精神的なダメージを受けやすいといえるタイプでしょう。ただ症状が進行するとだんだん自身でも分かってくるようになります。かなり老けて見られてしまうのでなるべく早く育毛剤で治療をしていきましょう。

前頭部と頭頂部が同時に薄くなるタイプ(U字型ハゲ)

最も最悪なタイプが前頭部と頭頂部が同時に薄くなるタイプです。U字型ハゲとも言われ、広範囲が薄毛になってしまうのでかなり寂しい状態と言えるでしょう。年相応で薄毛になるのであれば致し方ないという思いがありますが、30代や40代の方がこのタイプを発症してしまうとかなり悲惨と言えます。

頭皮の3分の2ほど露出するわけです。やはり相当なインパクトを与えてしまうでしょう。もちろん自身は徐々に減ってくる様を見てきているわけですからダメージとしては深く残っています。ここで側頭部や後頭部はしっかりと残っているのでアンバランスさも感じてしまいますよね?

ただしU字型を発症してもまだ諦めてはいけません。育毛剤を使う事で完全ではないにしろ髪を取り戻すことが出来るかもしれないのです。まだ毛根が活動を停止(死んで)していなければ発毛の可能性があります。また単に抜け毛を防ぐ効果もあるので、育毛剤は一度使ってみるべきでしょう。

AGAを改善するために行うべき対策

ではAGA対策には一体どうすればいいのでしょうか?まず思いつくのが育毛剤を使い改善することでしょう。最も手軽で薬局でも販売されています。しかし成分に注意をしなければ全く意味をなさないので、どれが本当に効果を発揮するのかをお教え致します。

その他にも植毛、ハーグ療法などの最新鋭の治療方法によってAGAを改善していくという方法もあります。育毛剤が合わない場合、もしくは資金に余裕がある場合にはこちらを選んだ方が時間をかけずに髪を増やせるというメリットがあるのです。これらについても簡単に説明致します。

育毛剤を使いAGA対策

まず最初にご紹介するのが育毛剤を使ってAGAを改善する方法です。最も手軽に行える方法ですが、効果が現れるのに時間がかかるというデメリットも。また本当に効果のある成分を使わなければ全く改善しないので、時間とお金の無駄になることさえあります。

しかしご安心下さい。当サイトでは本当に効果のある成分、そして薬のみをご紹介しております。もちろん個人差や体質に合わない方も少なからずいらっしゃいますが、多くの方がAGAの改善が実感出来ている育毛剤ですのでまずは一度試してみるべきです。3つの成分がありますので順番にご紹介していきましょう。

発毛促進作用に長けているミノキシジル

まず1つ目に挙げられる育毛剤はミノキシジルです。発毛促進作用が非常に高く、毛根が死んでいなければ再び髪を増やせる可能性があります。また髪の質も高めてくれますので、AGAによって細くなってしまった髪も太く長い状態を維持する事が出来るでしょう。ただし抜け毛を止める作用はそこまで期待出来ませんので、すぐ後にご紹介するプロペシアかザガーロとの併用をおすすめします。

ミノキシジルは形状が2種類あり、塗るタイプである外用と錠剤として飲むミノキシジルタブレットから選ぶ事が出来ます。効き目はミノキシジルタブレットの方が高いですが副作用も起きやすいので、マイルドな作用がお好みであれば外用薬を選びましょう。

外用薬は元祖育毛剤であるロゲインやロゲインのジェネリック(全て海外メーカー)がリーズナブルな価格で購入出来ます。これらは海外医薬品の通販を利用する事で購入でき。国内では手に入れる事が出来ません。しかし国内で唯一存在するミノキシジル配合の育毛剤であるリアップx5プラスならば薬局でも購入する事が出来ます。リアップx5プラスは購入すればすぐに使えますが、少し割高なのが難点です。